2011年03月28日

「震災 教室で考えた」

震災を教材にして、小学生が自分のこととして考える。さらに個人、自治体、国レベルで考える


「震災 教室で考えた」
   ↓
http://www.asahi.com/edu/tokuho/TKY201103280142.html


こういう授業は重要だ。

遠くで起こっている「他人ごと」ではなく「同じ国の自分たちの同級生」がどのようの困っているのか、それに対して「自分たち」で出来ること、「地方自治体レベル」で出来ること、「国家レベル」で出来ることを、小学生に考えさせる。

出てくるアイデアは「小学生のレベル」だから、アイデアそのものを活かすことは少ないかもしれないが、この授業の一番のポイントは「自分のこと」として考えさせていることだ。

常に「自分ならどうするか?」「日本国としてどうするか」という考え方を訓練していくと、10人に1人は、真剣になる。(ほかの9人も真剣なのだが。)

そういう10人に1人ぐらいの子どもが、大人になって「国家レベル」で危機を対応する、という人に育つはずだ。


僕も研修を数多くやっているので、分かるのだが、本当に研修、授業に「真剣に自分のこと」として考え始めるのは10人に1人ていどだ。

でも、それでいい。

会社で10人に1人の割合で「意識を改革」したら、5年後にはその会社の風土が変わる。


これからも、全国で「震災」をもとのした授業が行われることだろう。

その中から、日本を救う「子ども」が現れることを期待したい。




■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。
posted by ホーライ at 19:55| Comment(0) | 期待したいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。